menu

0018 【希少】巨匠ペリー・ショーティのヘヴィ・スタンプ、スターリングシルバー925製コンチョスタイル・ベルトバックル

0018-17

「シンプルな幾何学」

小宇宙とはまさにこのことだ。
そして、このような小宇宙の中にここまで細かく、かつ力強いデザインを取り入れることが出来るのは、おそらく彼を除いて他にはいないだろう。0018-5

彼は今なおトラディショナル・デザインにこだわりを持ち続け、実際にそれをすべての作品に反映させている。
ありきたりのトラディショナル・デザインなら何人も、いや、何百人ものアーチストたちが採用しているに違いない。
では、その頂点に上り詰めた、いや、むしろこう言ったほうが良いだろう。その数えきれないほどのアーチストたちが羨望し自ら傾倒するだけの要素が、彼のデザインのどこに含まれているのか。

答えはすべてである。
ペリー・ショーティ(Perry Shorty)の芸術には、すべてのアーチストたちが望むものがすべて含まれている。

0018-13トラディショナルで斬新、繊細で力強く、たくましくて美しく、静かで華麗。
すべてが相反する芸術、それがペリー・ショーティの魅力であり、一つひとつのすべての作品にそれらすべての要素が散りばめられているのがもはや驚異的としか言いようが無い。

もちろんこのバックルに限っても例外ではない。
トラディショナルなコンチョ風のバックルはこの大きさにもかかわらず、細部にわたって正確、かつ力強いスタンプワークが施されている。
この一打一打深く、しかも正確に、こんなにも細く繊細に刻まれたスタンプワークをよく見て欲しい。
一糸乱れずとはこのことだ。
しかも6重にも重なる円墳状の立体感が、この小さなバックルの存在感の大きさを創出している。

1940年代のジュエリーデザインを連想させる作風からして初期の頃、80年代後半から90年にかけて制作された作品と思われるが、間違いなくTomorrow’s Antique(未来のアンティーク)と言える非常に価値が高い一品だ。

「出来る限りシンプルにしたいんだ。image00昔のスミスは限られた工具で作品を作っていった。だから僕も同じ方法でやりたいんだ」
ペリー・ショーティはこう言った。

シンプルな方法で仕上げた彼の作品は、誰も真似できないほど完成度が高いものになるのだ。

0018-6          0018-2

0018-3     0018-4     0018-7

0018-9     0018-10     0018-8

0018-11

0018-14         0018-15

0018-12

0018-16

【商品番号】: 0018

【商品名】: 【希少】巨匠ペリー・ショーティのヘヴィ・スタンプ、スターリングシルバー925製コンチョスタイル・ベルトバックル

【属性】: ナバホ、バックル

【概要】: ペリー・ショーティ(Perry Shorty)作、1980年代後半のコンチョ型ベルト・バックル。センターにはブルージェムのターコイズがマウントされており、ペリー・ショーティ独特の深いスタンプと絶妙なコントラストを醸し出している。一糸乱れず正確に打ち込みが施された造形的なデザインは、もはや芸術作品といえるほど美しい。ペリー・ショーティは様々な賞を受賞した現代のインディアンジュエリー界を牽引する巨匠の一人であり、作品も数少ない生産数のため非常に希少で入手困難である。彼に作品は間違いなく将来の美術的アンティークと言えるのもので、これからその価値が衰えることはないだろう。

【サイズ】: 横幅約64mm x 56.5mm x 厚さ1.3mm (シルバーのみ) 重さ39g 装着可能なベルト幅24mmまで

【フィット感】: 男女ともに問題なく使用できるサイズである。さほど大きなバックルではないが、強烈なスタンプワークによって醸しだされる重量感を存分に味わえる。細めのベルトが装着可能だが、バックルの存在感は半端がない。

【状態】: 経年による使用感あり。ターコイズの一部にチップあり。装着すると石の部分が出っ張るので何かと接触して微かに欠けたものと思われる。慣れれば気にならない程度。傷、スレ等あるが、チップを除いては良好なコンディションである。その他破損、また修理痕はなし。

【備考】: ターコイズの一部にチップあり

【価格】: 390,000円(税込)

商品及び価格に関するお問い合わせはお気軽にこちらまで

WHITE SANDS GALLERY | プレミアムビンテージ・インディアンジュエリー & サウスウェスト・モダンアート

0071 ナバホ c1940 ビンテージ・ワーリングログ&サンダーバード スターリングシルバー・バングル

0054 セフェリーナ・(ピノ)・ベル (Seferina Bell 1920-1986)作、ジア・プエブロの鳥 c1950

関連記事

  1. 0007 【希少】c1950s ケネス・ビゲイ(KENNETH …

          「コットンの夢」1950年代半ばのある日、アリゾナのスコッツデールにある…

  2. 0037 巨匠パブロ・アントニオ・ミラン(Pablo Anton…

    「夢幻のダンス」神の使いか、はたまた夢の伝道師か。 パブロ・アントニオ・ミラン(…

  3. 0039 アラン・ロバート・チアラ (Alan Robert C…

    「帰ってきた男」一見色彩豊かな風景のようだが、照らす太陽は何故か砂漠を連想させる。…

  4. 0108 ナバホ c1930 フレッドハービー時代のコインシルバ…

              「欲張りなバングル」このナバホのバングルは欲張りだ。 サンダ…

  5. 0004 【希少】 c1990 ロン・ベドニー(RON BEDO…

        「光の翼」サンバーストというより光に導かれる翼のようだ。 ファーストサー…

  6. 0052 ホピ c1930 プエブロのダウ・ボウル ポリクローム…

    「褐色の皿」ホピの陶器はモダンだ。 伝統的なデザインにしてすでにモダンな要素を兼ね添えた…

  7. 0056 ナバホ c1940’s コーンデザイン・スターリングシ…

                 「果敢なるエレガンス」美しい物には強さが隠されている。…

  8. 0196 【希少】チャールズ・ロロマ(Charles Lolom…

    「蘇った化石の芸術」ジュエリーという名の芸術だ。 チャールズ・ロロマの魔法がかか…

PAGE TOP