menu

0004 【希少】 c1990 ロン・ベドニー(RON BEDONIE) レア・初期デザイン シルバー・バングル

0004-19  0004-9  0004-14

「光の翼」

サンバーストというより光に導かれる翼のようだ。
ファーストサークルとは、天国へ導かれる際に我々がしてきたすべての罪が浄化されるステージ。この苦しい浄化を終えると光り輝いて神の元へ導かれる。
そんなファーストサークルから光り輝く神聖な世界への旅立ちを思わせる、シンプルだが奥深いバングルだ。0004-18
作者はロン・ベドニー(RON BEDONIE)、言わずと知れたナバホのビッグネームである。

ロン特有のヘヴィなスタンプワーク作品とは異なって、このバングルは翼のごとく軽快で明朗だ。作風からすると初期の頃の作品かと思われる。
ロン・ベドニーは1967年に生まれてから20歳で父(John Bedonie)の元でシルバースミスとなっているので、90年代の作品と思われる。0004-11
先ほども言ったが、現在の彼の作風とは全く異なるかなりレアな作品だ。

このバングルは軽くて繊細だ。
ロン・ベドニーというビッグネームの歴史の始まりを永遠に語り継ぐことができるよう、大切に使用していただきたいピースである。

もちろん、それはあなたが、あなたの息子にいう言葉であってほしい。

 

0004-13        0004-15

0004-7             0004-12

0004-5

0004-4
0004-3
0004-2

 

【商品番号】: 0004

【商品名】: 【希少】 c1990 ロン・ベドニー(RON BEDONIE) レア・デザイン シルバー・バングル

【属性】: ナバホ、バングル

【概要】: ビッグネーム、ロン・ベドニー(RON BEDONIE)によるサンバーストデザインのバングル。スターリング・シルバー。ロンが20歳の1987年にジュエリー・メイキングを初めてから間もない、およそ1990年代制作のレアな初期デザインである。現在のロン・べドニーの作風とは全く異なり、非常に軽く、ミニマリズム的なコンテンポラリーデザインである。サンバーストは本来ロンの得意とするデザインであるが、このサンバーストは流線型のベースで非常にシンプルにデザインされており、ほとんど見ることがない大変珍しいものである。細かく刻まれた現在のサンバーストデザインとは違って、放射線状に広がる幅広のラインがとてもモダンで美しい。センターに向かって隆起した流線型のデザインもモダニズムを意識した美学を非常によく表現するものである。ビッグネームの原点を感じることが出来る非常に希少な逸品である。

【サイズ】: 内径およそ13.4cm+ギャップ約5cm 幅約2.6cm 厚さ約2mm 重さ55g

【フィット感】: アジャストできるので男性は中肉中背〜大柄まで可能。女性はペティットな方には大きめだと思われる。女性用にアジャストは可能。

【状態】: 経年による使用感はあるが良好なビンテージ・コンディション。破損、修理痕はなし。

【備考】: 現在のサイズは大柄の人向けにアジャストしてあるのでギャップが広く調整してあるが、これ以上は無理があるように思える。超大柄の人はご自分の手首周りを計測してください。素材にそこまで厚みがないのでアジャストするのは比較的簡単だが、頻繁なアジャストは金属疲労につながるのでお勧めできない。コンディションが良いため、最小限に。

【価格】: 280,000円(税込)

 

商品及び価格に関するお問い合わせはお気軽にこちらまで

 

WHITE SANDS GALLERY | プレミアムビンテージ・インディアンジュエリー & サウスウェスト・モダンアート

0001 【希少デッドストック新品】 巨匠ローレンス・スフキー(Lawrence Saufkie)作 Palhikmana ボロタイ

0006 【デッドストック】ゲイリー・リーブス(GARY REEVES) 希少ガドバー・バーナム使用、シルバースタンプ・クロスペンダント

関連記事

  1. 0023 【1986/バンクーバー百年祭出展】 SUMMER R…

    「駆け抜ける夏」北の先住民たちから凍えるような寒さが通り過ぎると、訪れる短い夏には神…

  2. 0122 カルデロン作「Zuni Village(ズニの村)」 …

    「ズニの村」なんて美しい色使いなのだ。 まずこの画を見て思った。 そして、素晴らしい…

  3. 0099 サントドミンゴ c1970 エンジェルスキン&レッドコ…

    「天使の肌」トロピカルで爽やかな橙色がなんとも美しいコントラストだ。濃い色と薄い色が…

  4. 0013 【希少】 c1950 アレン・キー(Allen Kee…

                       「もう一人のビゲイ」1948年、3人の兄弟とそ…

  5. 0054 セフェリーナ・(ピノ)・ベル (Seferina Be…

    「ジアの鳥」彼女はよく笑う人だった。セフェリーナの鳥はどこか滑稽で愛嬌がある。 …

  6. 0101 【希少】 c1970 ファニー・ナムピーヨ(Fanni…

    「ナムピーヨの継承」20世紀のホピの陶芸芸術はおよそ二人の芸術家によって牽引されたと…

  7. 0112 ナバホ c1920 美しい彫銀&ヘビースタンプワークの…

              「バングルのお手本」まるでシルバースミス技術のバーチャル・カタロ…

  8. 0012 【希少 JOE H. QUINTANA】 c1960…

    「神の子が眠りから覚める時」神の子、ビゴチディ(Begochiddy)は女性だったのかもしれ…

PAGE TOP