menu

0040 ナバホ c1970 ビンテージ コンチョスタイル・スターリングシルバー・ベルトバックル

0040-8

「堂々たるコンチョ」

まるで武器のようなそのバックルの長さは10cmを軽く超える。
重さは98グラムである。

これほど威風堂々としたバックルがあるだろうか?
太めの分厚いベルトと一緒に腰に巻けば背筋を伸ばさずにいられないはずだ。
エッジに刻まれた繊細ながらに力強いスタンプワーク、そしてセンターの隆起がワイルドさをアピールする。
そして、センターに堂々と鎮座するキングマン(Kingman)のターコイズが全体を一気に引き締め、金属と天然石の素晴らしい調和をもたらしている。
恐らく1970年代のものと思われるが、その次代に流行ったベルボトムなどに合わせていたのかもしれない。
しかし、個人的にはもっと硬派なスタイルで臨みたい。

この武器のようなバックルに威嚇されるのは誰かな、なんて楽しみになる。
そんな堂々たるコンチョだ。

 
0040-3        0040-5

0040-4        0040-6

0040-10

 
0040-7

 
0040-11

 

【商品番号】: 0040

【商品名】: ナバホ c1970 ビンテージ コンチョスタイル・スターリングシルバー・ベルトバックル

【属性】: ナバホ、バックル

【概要】: 作者不詳、1970年代製スターリングシルバー製ベルトバックル。センターにはキングマン・ターコイズをマウント。かなり大きめのこのバックルは厚みもあって迫力満点である。規則的に打ち込まれたハンドスタンプと彫銀のパティーナが繊細で美しい。シルバーは非常に滑りの多いみずみずしいテクスチャーで妙に色気がある。迫力と繊細さを兼ね備えた美しいビンテージ・バックルである。

【サイズ】: 横幅約11cm x 縦約10mm 厚み約1.5mm 重さ98g

【状態】: さほど使用感はないが、銀特有の黒ずみは有り。シルバーは全体的に滑らかでみずみずしくとても美しい。素晴らしいビンテージ・コンディション。

【備考】: 重さは堂々の98g、着用時はかなり大きさが目立つ。約38mm以下のベルトが装着可能。

【価格】:210,000円(税込)

 

商品及び価格に関するお問い合わせはお気軽にこちらまで

 

WHITE SANDS GALLERY | プレミアムビンテージ・インディアンジュエリー & サウスウェスト・モダンアート

0026 喜びの乙女/シャーリー・トムソン・スミス(Shirley Thomson Smith)

0100 サントドミンゴ c1980 ターコイズ&コーラル9連ネックレス

関連記事

  1. 0196 【希少】チャールズ・ロロマ(Charles Lolom…

    「蘇った化石の芸術」ジュエリーという名の芸術だ。 チャールズ・ロロマの魔法がかか…

  2. 0099 サントドミンゴ c1970 エンジェルスキン&レッドコ…

    「天使の肌」トロピカルで爽やかな橙色がなんとも美しいコントラストだ。濃い色と薄い色が…

  3. 0121 ヴィロイ・ヴィジール (Veloy Vigil 193…

    「小路の聖歌」聖歌を口ずさみながら小路をそぞろ歩くインディアンの女性たち…

  4. 0101 【希少】 c1970 ファニー・ナムピーヨ(Fanni…

    「ナムピーヨの継承」20世紀のホピの陶芸芸術はおよそ二人の芸術家によって牽引されたと…

  5. 0046 JDチャレンジャー (J.D. Challenger …

    「酋長の居場所」決して記念撮影をしているわけではない。 また、井戸端会議をしているわけで…

  6. 0054 セフェリーナ・(ピノ)・ベル (Seferina Be…

    「ジアの鳥」彼女はよく笑う人だった。セフェリーナの鳥はどこか滑稽で愛嬌がある。 …

  7. 0007 【希少】c1950s ケネス・ビゲイ(KENNETH …

          「コットンの夢」1950年代半ばのある日、アリゾナのスコッツデールにある…

  8. 0013 【希少】 c1950 アレン・キー(Allen Kee…

                       「もう一人のビゲイ」1948年、3人の兄弟とそ…

PAGE TOP